wimax エリア・・つまりwimax 2+ エリアが凄く広域エリアに対応している!

WIMAX契約で使用可能エリアが重要ポイントですね。
 契約してみたはいいものの、「つながらない」「速度が遅い」となると、せっかくのインターネットライフも台無しになってしまいます。

wimax エリア!WiMAXのサービスエリア実人口カバー率99%以上Broad WiMAX

■WiMAXを初めて契約検討したいならwimax エリアを調べましょう

エリア外という判定が出ることも・・・
エリア外らしき判定が出たケースの対策は?
該当エリアで接続可能な他Wi-Fiコレか?
エリア拡大はドンドン拡大中

申込前にエリア確認ボタンからBroad WiMAXサイトで調べれます。

Broad WiMAX  Broad WiMAX

万が一エリア外だった時?

初期契約解除制度

- 平成28年5月21日施行の改正電気通信事業法令 - インターネット回線を契約をしたものの、自宅では電波の入りが悪く正常にサービスを利用できないといった場合、 端末を返品して回線を解除できる、クーリング・オフに似た制度です。

こういう制度対応しているから当然と言えば当然なんだけど信頼あるwimaxだね・・・

サービスエリア実人口カバー率99%以上Broad WiMAXだが万が一に初期契約解除の申請するときは手続きはもれなく期限内にすることを再確認しておこう!

  1. 端末の到着後、ネットが使いづらいことが発覚
  2. 端末到着後8日以内に初期契約解除の申請
  3. 初期契約解除の申請後、端末到着から8日以内に商品一式を返送する
  4. 初期契約解除の受付完了

Broad WiMA公式サイトでさらに詳細を見る←WiMAXの魅力・料金プラン・キャンペーン・端末一覧・エリア確認・ ご契約ガイドなどなど・・・

固定回線などのように工事も不要なのでお気軽にお申込みOK!

Broad WiMAX  Broad WiMAX

【用語の解説】

Wimaxのエリアについての検索をしていると、難しい用語がたくさん出てきます。
直接エリアとは関係ないものもありますが、わからない用語などは気になるもの。
以下に最新の用語について簡単に説明しておきます。

Broad WiMAX  Broad WiMAX

・4×4 MIMOとは?

これはエリアに関する用語というより、速度に関する用語となります。とある技術を示した用語となりますが、この技術を採用する事で、速度が速くなる…という事になります。

 

さらに詳しくご紹介すると、4×4 MIMOとは、「送信側アンテナが4本」「受信側アンテナが4本」という設備が整った技術の事を指します。wimax2+エリアでの通信時に、複数のデータを同時に送受信することで、下り最大220Mbpsの超高速通信を実現する事が可能になります。

 

・キャリアアグリゲーション(carrier aggregation)とは?

これも「速度」に関する用語です。キャリアは「電波、搬送波」、アグリゲーションは「集約する」という意味です。

簡単に説明すると、複数の異なった電波帯域を同時に使用する事で、速度を速めようとする技術の事です。しかし一方でデメリットもあります。主なデメリットはバッテリーの消費が早くなることや、対象機種が限られることなどです。しかし、最近ではこの技術に対応できる端末も増えてきているので、試してみる価値はありそうです。

 

【最近のエリア拡充状況】

事業者側も、wimaxのエリア拡充のために、日夜努力しています。

これらは各事業者のニュースリリースなどを確認すると、よくわかります。

ためしにUQ-WIMAXのホームページを確認してみましょう。

・UQ-WIMAXの基地局が30,000局を達成

UQコミュニケーションズ株式会社のニュースリリースによると、2017年2月28日現在で、WiMAX 2+を提供する屋外基地局数は全国累計で30.000局を達成しています。街では以下のようなアンテナがたくさん建てられ、利用者に安定したサービスを提供できるように日々努力してくれています。

・440Mbpsエリアを全国展開

これも同じくUQ-Wimax社のニュースリリースに記載されていることですが、WiMAX 2+の440Mbps対応エリアが全国へ拡大されているとの事です。現在UQ社では、2016年12月より、4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術対応のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」を販売し、東名阪エリアを中心に、下り最大440Mbpsの高速通信サービスが開始されていましたが、そのサービスは2017年2月1日以降、順次全国へ展開されるとの事です。

【エリア確認方法】

wimax各社のホームページには「エリア確認」のページが必ずあります。

BroadwimaxのWEBで、おおまかなエリアの確認をはじめ、スポット検索といって細かな住所・番地を入力する事で、自宅のエリア確認をより正確に行う事が可脳です

能です。 

 

【不安な場合はUQwimaxのお試し利用】

エリア確認をすると「○」や「△」という表記が出て、目安にはなりますが、それでも自

宅でつながるかどうか不安…という方には、UQ-WIMAX社の「Try wimax」を利用し

てみましょう。これは、15日間希望の端末を無料で借りることができるサービスです。

もちろんお試し利用なので、試験的に使ってエリア内でもエリア外でも、確認が済んだ後

でも利用料金はかかりません。

 

【まとめ】

以上の通り、wimaxのエリアは順次拡大しており、そのエリア確認も費用をかけずに事

前に確認ができるので安心です。どうしても不安な場合はお試し利用も使えるので、ぜひ

wimaxを検討している場合には、エリア確認とお試し利用を使ってみましょう。

wimax エリア!

wimax エリア!WiMAXのサービスエリア実人口カバー率99%以上Broad WiMAX

■WiMAXを初めて契約検討したいならwimax エリアを調べましょう

エリア外という判定が出ることも・・・
エリア外らしき判定が出たケースの対策は?
該当エリアで接続可能な他Wi-Fiコレか?
エリア拡大はドンドン拡大中

 

wimaxエリア品質問題

wimaxは高速無線通信サービスであり、
モバイルルータだけでなくau向けのスマートフォンにも搭載されています。

約5年前の話になりますが、スマートフォンの3G回線だと期待した通信速度が出てなかったため、素早く情報収集ができなかったことがありました。

このため、wimax対応のスマートフォンを購入しました。

自宅のアパートでwimaxを試した結果、wimaxが圏外のため、使用できませんでした。

しかし、自宅を出たらwimax
wimaxのエリア内にいることは確認したが、
建物内にいることで電波が遮られていた場合、
wimaxの電波は入らないようです。

自宅で使用できず、
ガッカリさせられました。

その時はwimaxの電波が入るかどうかは、wimaxルータを借用して確認すればよかったと思いました。
wimaxより通信速度が向上したwimax2+と呼ばれる無線通信があります。
しかし、LTEとwimax2+両方使用可能なモバイルルータを自宅で使用した結果、wimax2+もwimaxと同様、建物内にいることで電波が遮られたため、電波が入らず、圏外で使用不可でした。
しかし、LTEは電波が入ったため、高速通信が使用できました。
その時の原因は、wimax2+もwimaxと同様、障害物に弱い電波を利用していたからでしょう。
このため、圏外で思うように使えなかったのが非常に残念でした。
ネットで確認したところ、やはりwimaxとwimax2+は評判や口コミで接続出来ない例が見受けられました。
電波が入りやすいのは、wimaxよりLTEですが、LTEは設定した使用量以上の通信を行った場合、速度制限が発生してしまいます。
結局どちらも長所と短所があると判断出来ます
理想は、速度制限がなく、繋がりやすい高速無線通信サービスです。
今は、wimaxは繋がらないといったエリア品質問題を多く改善し、信頼を回復がされてきた時期でもあります。
選択のポイントは自分の利用形態に一番適したネット接続の方法手段を選択するのが当たり前ですが必要と思われます。

Broad WiMAX  激安?

WiMAX/月額2,726円+税~

ギガ放題プランが月額2,726円+税~。

最短即日発送、即日受取可。

BROAD WIMAX 激安BroadWimax2+実質安く長く利用可能