Broad WiMAX  Broad WiMAX

WiMAX/月額2,726円+税~

ギガ放題プランが月額2,726円+税~。

 

WEB限定初期費用18,857円割引。

最短即日発送、即日受取可。

WiMAX2プロバイダの通信速度・容量・エリアはWiMAX通信提供会社が1社だけなので通信内容は全く同じです。

wimax wimax2 違いとは?
wimaxのメリットは?
wimax2と契約したい理由と違い?
本当は知られていないwimax wimax2 違いの違いを分かり易く解説します!
まず契約の違いがwimax wimax2 違いです

ワイマックスとwimax2とは契約そのものが違います

契約はどちらか1つになりますが・・・

wimax

(※wimaxは2018年4月にwimax2に移行しています)

下り最大13.3Mbps

上り最大15.4Mbp

通信制限なし

通信エリア全国人口9割以上(2012年)

全国主要都市部99%以上(2012年)

日本全国で94%以上

注意!

現在wimaxでの新しい契約はできず(提供終了済)、

旧WiMAX使用の周波数帯は、

WiMAX2の4×4MIMO・キャリアアグリエーション(CA)技術で

wimax2プラスに振り替えられています。

 

wimax2プラスエリアは拡大

通信速度は実測で30Mbps ~100Mpbs

⇔旧wimaxのエリアは縮小され速度は比較にならないほど遅い

のでwimax2プラス最新機種に変更しましょう!

現実的には機種変更より

wimaxは解約して

新規にwimax2プラスプロバイダーに契約するほうが特典メリットがあるため、得になり要注意(機種変更が損ということになる)

 

Broad WiMAX  Broad WiMAX

wimax2+(wimax2プラス)

下り最大440Mbps

上り最大30Mbps

通常プラン契約 7GB

ギガ放題契約なら無制限

※但し3日間で10GBの制限あり

通信エリア 都市部以外もさらに最速拡大中

wimax2プラスエリアは、都市部カバー率は99%ですが

wimax2プラス使用周波数は2.5GHzの高周波数帯の直進性が強いメリットとデイメリットがあります。

つまり、ビルの谷間や地下街等は電波が届きにくいディメリットがあり、

wimax2プラスの強力な直進性により、

奥まったマンションの部屋での電波状態が悪い要因なのです・・・

 

だからビル街のマンションの室内でwimax2プラスの電波が弱いときは

窓際で利用すれば電波不良が解消するわけです。

 

このことは逆に屋外でのWiMAX2プラスの快適さにつながることになります

wimax2プラスのメリットは屋外で持ち歩きWIFIとして

大変優れたモバイルルーター端末になってくれます。

 

現在WiMAX電波の基地局建設と小型基地局設置は

加速的に設置され、ポイントが増えています。

KDDIと資本提携による投資資金が大きい

 

屋外でのモバイル端末としての快適さは、

屋内でしか利用できない固定回線(光回線)の比ではありません

 

デスクトップパソコンよりノートパソコンが圧倒的に進化した今日

通信量が7GBを超えると利用料金が一気に上がる

キャリア携帯電話スマホで不満なユーザーが

WiMAX2プラスをうまく利用して通

信の自由を謳歌している黎明期だともいえるのでしょう!

(下り最大708Mpbs)WiMAX2プラスを見てみる

通信環境がさらに整備されるWiMAXは

さらに快適通信手段になりますね♪

新規WiMAXプロバイダ比較はコチラから

Broad WiMAX  Broad WiMAX

WiMAX/月額2,726円+税~

ギガ放題プランが月額2,726円+税~。

WEB限定初期費用18,857円割引。

最短即日発送、即日受取可。

WiMAX2プロバイダの通信速度・容量・エリアはWiMAX通信提供会社が1社だけなので通信内容は全く同じです。