完全に同じモバイルルーターであろうとも、プロバイダー次第で月額料金は変わるというのが普通です。当HPでは、高評価の機種を“料金”順でランキング一覧にしてありますので、比較していただければと思います。
ワイモバイルもその通信エリアはかなり広まっており、離島だったり山の中以外のエリアなら大体利用できるはずです。ネットに4G回線を経由して接続することができそうもない時は、3G回線を通じて接続することが可能になっていますので、何の心配もありません。
高速モバイル通信として支持されているWiMAX2+(ハイスピードモード)ですが、こちらは速度制限が掛かっても下り速度が1~6Mbpsはキープできますので、YouToubeの動画位は視聴できる速度で利用可能だと考えて間違いありません。
WiMAXと申しますと、もちろんキャッシュバックキャンペーンが大人気ですが、最近の傾向として月額料金が抑えられるキャンペーンも人気抜群です。
近い将来にWiMAXを購入するという場合は、何が何でもギガ放題のWiMAX2+を選んでください。通信速度が速いのはもとより、WiMAXのモバイル通信エリア内でも使用可能ですから、他の端末よりも優秀ではないでしょうか?

「速度制限が為される理由は何か?」と言うと、モバイル用に提供された回線に短い間にアクセスが集中する状態になると、そのエリアで通信機器類を使用している人全員が、繋げられなくなるとか速度が不安定になってしまうからです。
毎月毎月のデータ使用量制限が設けられていない「ギガ放題」が注目を集めていますが、WiMAX2+には「通常プラン」というのも提供されています。こちらのプランの場合は、「7GBのデータ使用量制限あり」とされています。
あまりご存じないかもしれませんが、「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの登録商標であるわけです。ただしWiFiルーターの1つだというわけで、はっきり言って通常の名詞だと認識されていると言ってもいいでしょう。
「ワイモバイル」「格安sim」「WiMAX」全てを購入候補において、それらの強み・弱みを認識した上で、利用状況に見合ったモバイルルーターをランキング形式でご案内させていただきます。
WiMAX2+の売上拡大キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが複数存在していますが、キャッシュバックをやるだけの体力のないプロバイダーもあるので、気を付けなければなりません。

自宅はもちろん、戸外でもインターネットに繋ぐことができるWiMAXではありますが、基本的に自宅以外で使う様なことはないとお思いなら、WiMAXモバイルルーターよりもホームルーターの方を選択した方がお得です。